母の日の由来を知れば、カーネーションを贈りたくなる!

花屋の台に並ぶお花

母の日に花を贈っている人はどれぐらいいるでしょうか。

「子供のころは贈っていたけど、大人になってからは贈らなくなったな」という人もいるかと思います。

そこで今回は、母の日の由来について紹介していきます。

母の日について知ってもらい、「母の日っていいな」「またお母さんに花を贈ろうかな」と思ってもらえれば幸いです。

母の日の由来

母の日のピンクカーネーション

母の日がどんな日か簡単に説明すると、お母さんに日々の感謝の気持ちを伝える日ですね。

母の日の由来にはいろいろあるといわれていますが、一般的に知られているのはアメリカでの話です。

アメリカに住んでいたアンナ・ジャービスという女性が1907年に自分を一生懸命育ててくれた母の死を悲しみ、教会に母が好きだった白いカーネーションを飾ったのが母の日の由来だといわれています。

これがきっかけになり、アメリカは1914年に5月の第2日曜日を母の日にすると決めたそうです。

5月の第2日曜日というのは、アンナの母が亡くなった日だそうです。

それから母の日では、母が元気な場合は赤いカーネーション、亡くなっている場合は白いカーネーションをプレゼントとして贈るようになったのですね。

母の日という習慣が日本に伝わったのは、大正時代だといわれています。

ですが、国民的行事として知られるようになったのは、1937年です。

森永製菓が母の日を広める活動をしたのがきっかけになり、全国に広がっていったのですね。

カーネーションに込められている想い

綺麗なカーネーションたち

そもそもどうして、母が元気な場合は赤いカーネーションで亡くなっている場合は白いカーネーションが贈られようになったのか気になりませんか。

母の日に贈られるカーネーションには、それぞれ意味があります。

赤いカーネーション

母の日に贈る定番の赤いカーネーションには、【母への愛】という花言葉があります。

母の日にぴったりな花言葉ですね。

白いカーネーション

こちらも定番の白いカーネーションには、【私の愛は生きています】という花言葉があります。

なんだか深いですね。

お母さんが亡くなっても、ずっと愛しているという想いが込められているのでしょう。

カーネーションの色にこだわらなくてもいい

赤い花のバンケット

母の日に贈るカーネーションというと、赤と白が定番ですよね。

ですが、最近では色にこだわっている人は少ないようです。

お母さんの好きな色のカーネーションを贈っている人もいます。

カーネーションの色によって花言葉が違うので、いくつか紹介していきます。

ピンクのカーネーション

ピンクのカーネーションには、【美しい仕草】や【気品】という花言葉があります。

ムラサキのカーネーション

ムラサキのカーネーションには、【誇り】や【気品】という花言葉があります。

オレンジのカーネーション

オレンジのカーネーションには、【清らかな慕情】や【純粋な愛】という花言葉があります。

母の日には花束がオススメ

こんなに種類があったら「どの色を贈ればいいのかわからない」と迷ってしまう人もいるかと思います。

そんな人は、いろんな色を合わせて花束にして贈りましょう。

カーネーションは何も1色にこだわる必要はありません。

好きな色、好きな本数のカーネーションを贈ってみてください。

まとめ

母の日について知ると、なんだかカーネーションを贈りたくなってきませんか。

子供からカーネーションをもらって喜ばないお母さんなんていません。

普段恥ずかしくお母さんに感謝を伝えられていない人は、ぜひプレゼントしてください。

何も言わなくても、それだけで気持ちが伝わるはずです。

何か伝えたいという人は、カーネーションにメッセージカードを添えるといいですよ。

お花のもたらす効果は医学的にも証明されています。
以下の記事もオススメです。
赤いバラの花束 花の癒し効果は本当にあった!がんばる人こそ花を飾ろう
【日本初】ポストに届くお花の定期便サービス

お仕事やお出かけのご予定があってもポストにお届けするので、受け取る手間が省けます!


この記事の責任者

管理人OWL

『深夜、家の玄関先でくつろぐ野生のフクロウと鉢合わせをしたことのあるオジサン。それ以来、フクロウを「ラッキーアイテム」として日々過ごしています。』