人気のバラの花言葉は素敵なものばかり!ネガティブなものも?

オレンジ色のバラ

花のなかでも通年通して人気の高い種類といえば「バラ」は絶対に外せません。

上品で高貴なイメージのあるバラは、鉢植えでも花束にしてもバラらしさを損なうこともなく、私たちの目を楽しませてくれます。

バラは色によって花言葉が変わります。

素敵なバラの花言葉にはどんなものがあるのでしょうか。

バラの花言葉にはどんなものがあるの?

バラの花言葉はいろいろなものがあります。

例えば真っ赤なバラは「愛情」や「美(美貌)」「情熱」などの花言葉があります。

白いバラには「純潔」「尊敬」「清純」、ピンクのバラは「上品」「可憐」「愛の誓い」など、それぞれに違いがあります。

近頃見かけるようになった青いバラには「奇蹟」や「夢が叶う」などの意味もあり、紫のバラには「気品」「尊敬」「誇り」などの花言葉もあります。

ちなみに花の部分だけに限らず、葉にも「貴方の幸福を祈る(赤)」や、その他の色「諦めないで」といった花言葉もあります。

満開のバラを贈ることは「人妻」といった意味もありますし、枯れたバラには「生涯をともにする」といった意味もあります。

バラの色はもちろん、葉の部分も含めるのか、バラの状態はどんなものがいいのかなども含め、花言葉を意識してみると面白いかもしれませんね。

バラの花言葉でネガティブな意味を持つものも

野生の黄色いバラ

バラの花言葉には、ポジティブなものばかりではなくなかにはネガティブなものもあり贈る場合には注意する必要があります。

例えば黄色のバラには「嫉妬」や「愛情が薄らいでいる」などのネガティブなイメージを持っている人もいます。

また棘がついたままのバラを選ぶと「不幸」などの意味を持つものもあります。

バラを贈り物にするときは、棘は必ずとったうえで渡すのをおすすめします。

またバラの花束として渡すときに、15本を組み合わせてしまうと「ごめんなさい」「謝罪」などの意味もあります。

これだけは避けたほうがいいといわれているバラの選び方になるので、大切な人に送るときは気を付けてくださいね。

まとめ

バラを選ぶときに花言葉まで考えて贈ると、センスの良さも感じられますね。

バラ同士を組み合わせて花言葉を作ることもできますし、贈る相手に合わせて選んでみてもいいと思います。

バラは上品でエレガントな印象のお花ですし、花束にちょっと混ぜるだけでも一気に華やかな印象になります。

お部屋のなかに飾ると心に癒やしをあたえ、あなたの生活を豊かにしてくれるはずですよ。

この記事の責任者

管理人OWL

『深夜、家の玄関先でくつろぐ野生のフクロウと鉢合わせをしたことのあるオジサン。それ以来、フクロウを「ラッキーアイテム」として日々過ごしています。』