知らないと失敗する?花を贈るときに喜ばれる退職記念に最適な花とは?

バラとメッセージカード

退職する時に贈るお花、どのようなものだとうれしいでしょうか?

会社を退職する日、特別だからこそ花言葉や意味を込めたいものですね。

退職の理由も、定年退職・出産や結婚での退職、転職のための退職などさまざまです。

実は私も、職場で退職する人へ贈った花をじっくり見たことはないのですが・・・。

これを機会に今まで知らなかったお花の意味を深く考えてみましょう。

そして、退職記念に贈るお花に自分の気持ちを込めて渡してみませんか?

職場の上司やお世話になった人、はたまた仲の良かった同僚にステキな退職記念のお花を贈ることができたら、大人ですよね。

ここでは、退職記念にお花を贈ることの意味についてご紹介したいと思います。

お花を贈るステキな時間を過ごして見てください!

花の種類を選ぶポイントとは?贈る人に気持ちを込めましょう

ピンクのバラのブーケ

バラは、「情熱・愛情・愛」を意味しています。

男女問わず人気なのは、赤いバラです。

熱心に仕事をしていた人への感謝の意を込めて、贈ると喜ばれるでしょう。

ピンクのバラなら「感謝・上品」といった花言葉なので、女性の方にも適しているでしょう。

例えば、ひまわりだったら「あなただけを見つめる・崇拝」の意味合いを持っているので、明るく退職を祝うイメージがありますね。

特に、退職記念に贈るのであれば「今までの苦労をねぎらう」といった気持ちを込めたいですね!

幅人い年齢層に喜ばれる、ギフトにあった華やかな花束を選ぶといいかもしれません。

ここで、花束を贈る時の注意点についてもあげておきましょう!

  • オフィスから持って帰れる大きすぎないものがポイント。お花屋さんに伝えておけば、ちょうど良い大きさに仕上げてもらえます。
  • 比較的色合いの柔らかいお花を選んで。
  • シンプルながらも色鮮やかなお花もおすすめ。
  • 長持ちするプリザーブドフラワーも喜ばれます。(おすすめの価格帯は8,000円から10,000円くらい)

ガーベラやオレンジのバラなど、男性受けするものであればプレゼントしやすいですよね。

退職する人のイメージもあると思うので、その人に合った色合いやイメージで花束を選んでみて下さいね。

自宅に贈るお花なら、フラワーアレンジメントもステキです。

BOXに色鮮やかなお花を詰めれば、贈った人への特別感も表すことができていいですよ!

インターネットなら退職祝い・定年退職祝いに適したフラワーアレンジメントをデザインしてくれます。

価格も3,000〜13,000円と予算に合わせて作ることができますよ。

ややお値段は張りますが、胡蝶蘭や洋蘭などなら、玄関や自宅に飾ることもできて華やかです。

少し違った方向で観葉植物を贈るのも一つのアイデアだと思います。

受け取った人が育てる楽しみがあっていいかもしれませんね。

メッセージをお花に添えて!相手の新たなスタートを応援し、これまでの仕事をねぎらうように

プレゼント用の花束

せっかくの退職祝いなら、感謝の気持ちをメッセージに添えて花につけるのもいいでしょう。

お花を入れるBOXに名前を刻印したり、「お疲れ様でした」とか「祝・ご退職」と添えるといいと思います。

メッセージを文章にして、お花のBOXに入れるのもおしゃれな演出ですよね。

メッセージを入れるときは、第二の人生をスタートする相手を応援し、これまでの苦労をねぎらうようにしましょう。

それぞれ贈る相手に対して「ありがとう」の気持ちが伝えられるといいかと思いますよ。

注意したいのは、引き止めたり名残惜しい気持ちをメッセージに入れないようにすることです。

また、職場で花を贈る場合は、他の人とメッセージが被らないように配慮するように心がけましょうね。

退職する相手が、気持ちよくスタートできるような言葉だと良いでしょう。

まとめ

  • 退職祝いに適したお花を贈るように心がけて
  • お花を贈る相手のイメージに合ったものを選びましょう
  • 感謝や応援の意味合いを込めて
  • メッセージカードを添えることも考えましょう
  • フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーも選択肢

退職祝い、新たな人生のスタートを応援したいものです。

お花には相手を思う気持ちを込めて、贈るようにしましょうね!

贈られた相手がうれしいようなお花をイメージするといいかもしれませんね。

冒頭にも書きましたが、退職の理由は定年、出産や結婚、転職などさまざまな理由があると思います。

相手の退職理由にも配慮して、相手に合った花束を選ぶと良いかもしれません。

ぜひ、相手に合ったお花を準備してみて下さいね!

【日本初】ポストに届くお花の定期便サービス

お仕事やお出かけのご予定があってもポストにお届けするので、受け取る手間が省けます!

この記事の責任者

管理人OWL

『深夜、家の玄関先でくつろぐ野生のフクロウと鉢合わせをしたことのあるオジサン。それ以来、フクロウを「ラッキーアイテム」として日々過ごしています。』