セラピーにも使われる花は心身のバランスを整えるのに役立ってくれる

白い背景に美しい花束

花が近くにあると、なんとなく心が癒されるような、どこか心がほっとするような感覚になりますよね?

実は花というのは空間を華やかに彩ってくれるだけではなく、セラピーにも使われるほど優秀な存在です。

ストレス社会の中で何かに急かされるように生きている現代人だからこそ、セラピーにも使われる花を自分自身の癒しとして取り入れていきましょう。

人間の五感を刺激してくれる花

花というと見た目が綺麗で、香りがいいものくらいのイメージなのではないでしょうか?

そのイメージからすると、花から受ける刺激というのは視覚と嗅覚くらいのものですよね。

ただ、実際には花というのは人間の五感を刺激してくれる存在なのです。

人間の五感というのはご存知のように、「視覚」「嗅覚」「聴覚」「味覚」「触覚」の5つになります。

「視覚と嗅覚はわかるけど、他の感覚は?」という方もいるでしょう。

例えば、

花が咲くときの音、花や葉っぱがこすれ合うときの音で聴覚を

花の蜜や食用花などの味わいで味覚を

葉っぱや茎、つぼみ、花びらなどに触れたときの硬さや柔らかさで触覚を

それぞれ刺激してくれるのです。

他にも水やりをするときの音やにおい、カットするときの音や感覚など花そのものはもちろん、花との触れ合いの中でさまざまな刺激を受けることになります。

五感と脳の密接な関係

色とりどりのお花たち

花が五感を刺激してくれるという話をしましたが、五感と脳というのは密接な関係性を持っています。

最近では脳疲労といった言葉をよく見聞きするようになりましたが、脳の疲労というのは五感の鈍りによっても起こります。

今の時代はとにかく情報過多な状態ですし、情報過多な状態に対応しようとすると脳がパンクしてしまいます。

だからこそ、あえて五感を鈍らせてパンクしないように守っているわけですね。

しかも、スマートフォンへの依存などで五感の使い方に極端な偏りが出やすい状態にもなっているので、五感が鈍るだけではなく、バランスよく使うのも難しい状況となっているのです。

こういった中で重要になってくるのが五感すべてを刺激すること。

五感を刺激してくれる花を生活に取り入れるのは、そういった意味でもとても良いことなのです。

さまざまな場所で取り入れられているフラワーセラピー

脳と密接な関係性を持っている五感、そしてその五感を刺激してくれるのが花ということで、花はセラピーにも使われています。

「フラワーセラピー」については一度くらいは見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

心身のバランスを整えてくれるフラワーセラピーは医療や介護などの現場でも取り入れられていますし、各種心理療法のひとつとしても取り入れられています。

こういった現場で取り入れられているということは、逆に言えばそれだけの効果があるということでもあります。

ただ「綺麗だな~」「可愛いな~」「いい香りだな~」と思っていた花は、実はものすごい力を秘めているのです。

心身のバランスを整えるためにもまずは部屋に花を飾ってみては?

女は花瓶にバラの花を置く

現代社会の中で、心身のバランスを保ったまま生きられる方というのは少ないですよね。

程度は違えど誰もが心身のバランスを崩しながら生きています。

そんな時代だからこそ、心身のバランスを整えるためにもまずは部屋に花を飾るところから始めてみてはどうでしょうか?

花を飾るだけではなく、花と触れ合う機会を増やすことによって五感を刺激することができ、心も体もスッキリしてくるはずですよ。

まとめ

フラワーセラピーでも使われる花。

人間の五感を刺激してくれる花だからこそ、脳の疲労や心身のバランスの改善にも役立ってくれます。

空間を華やかにするだけではなく、自分の心身のためにも花を飾ってみてはいかがでしょうか?

風に吹かれて飛ぶタンポポの種 花の癒し効果は本当にあった!がんばる人こそ花を飾ろう
【日本初】ポストに届くお花の定期便サービス

お仕事やお出かけのご予定があってもポストにお届けするので、受け取る手間が省けます!

この記事を書いた人
『妖精社』

大学では心理学を専攻し、認定心理士の資格も取得。現在はライター兼心理カウンセラーとして活動中。